気が向いたら更新

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

自転車の装備を考える、まずはライトだ

016.jpg

基本夜中や雨の日は乗りたくないんですが、通勤にも使いたくなったのでライトも購入する事になった。
最初は右の小さいのを使ってたんだけど、ハッキリ言って暗くて地面が見えづらいし怖い。
しかも1時間も持たずに切れる、これでは不安すぎて使えないので、ちょっと値は張るが
キャットアイというメーカーの、明るいと評判のNano Shot +(ナノショットプラス)という大光量のライトを買った。

USB充電式で、ハイモードで2時間、ロウモードで4時間もつ。
ハイモードは滅茶苦茶明るい、30キロ以上で走っても全然怖くないぐらい路面が見える。
ガソリンスタンドの前を横切ると、原付か何かと勘違いした店員に らっしゃいませー!と言われるぐらい明るい。

ローモードも、最初に使ってたライトと比べれば凄く明るいが、ハイモードに慣れちゃうと暗く感じる。
ローでは30キロ出すとちょっと怖いです、ゆっくり走る分には十分だけど。

不満点は、横方向への光がちょっと弱い点かな、カーブを曲がる時は先は全然見えない。
かといってヘルメットにライト等は付けたくない、顔に虫が飛んでくるから!
あと、最初はUSB充電の方が便利そうでいいじゃんって思ってたんですが、ぶっちゃけ乾電池式の方が優れてますね。
内蔵電池はどんどん劣化していくだろうし、そのうち1時間しか持たなくなるかもしれない、何かのトラブルで長時間の点灯が
必要になった時はUSB充電式じゃどうしようもないだろうし、ライトが切れたら走れなくなるという不安からか、何となく走っていて焦りが出る。
電池式はエネループ使えばランニングコストも抑えられるだろうし、予備の電池を持ち歩けばトラブルにも対応できる。
USB充電式みたいに電池交換が大変というワケでもない。

まぁ、買っちゃったのでダメになるまではコレでいきますが、次買うときは絶対乾電池式にしますね。




スポンサーサイト
  1. 2013/08/31(土) 01:18:57|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

明らかにオーバースペック

013.jpg

話が前後しますが・・・これ、この自転車




014.jpg

SCOTT(スコット) CR-1 Pro 買ってしまった。
何で買ってしまったんだろう・・・、最初はアンカーのRNC3RNC7を買いに行く気マンマンだったのに
RNC3か7欲しいと自転車ショップの店主と話していたら、ふと在庫処分品の大安売りしてるコレが目に留まった。
RNC7買って105載せるより、最初っからアルテグラ付いてるフルカーボンのコレ買った方が安いという鼻血モンのお値段だったので、買ってしまえと悪魔の囁きが。
フレームサイズもピッタリ、これはもう運命としか言いようが無いな。

明らかに自分にはオーバースペックなのは気にしない。
だけど今でもRNC7にはちょっと憧れあります、写真だけだとただの鉄パイプにしか見えないけど、実物は凄く細くて流線型で格好いい。
胴抜きのカラーリングもクラシックな感じで好みです。




015.jpg

今はペダルはPD-A530にしてます、何かこればっかりだなw
SPD-SLのペダルがクソ硬くてつらかったのと、歩行時の事を考えてこうなった。
ていうか硬すぎなんすよ、アルテグラ?のSPD-SLペダル。

テンション最弱にしても、勢いつけて全体重かけてもハマらないし、靴底が剥がれるかと思うぐらい捻っても外れない事あるし。
個体差もあるんでしょうけどね、右は比較的外せるのに、よく外す側の左が固すぎるんで萎えた。

まぁでも放置も勿体無いんで、そのうちまた使おうかとは思っていますが。



  1. 2013/08/30(金) 00:34:30|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DAHON SPEED P8購入、クロスバイク、ロードバイクとの違いは?

009.jpg

DAHON(ダホン) SPEED P8を買ってみた。
見た目が気に入ったのと、簡単にシートとハンドル高を調節できるので、複数人で使い回せる点が購入の決め手になった!
うーん、美しい・・・(笑)。





010.jpg

標準のタイヤは結構ぶっとい、1.5インチだから、38ミリに相当?ママチャリと同じか少し太いぐらいですね。
タイヤはシュワルベ マラソンレーサー、見た目からして重そうだけど、耐久性はありそう。






011.jpg

ディレイラーはシマノ Acera 普段乗りなら十分でしょう。
前はシングルギアで、後ろは8速、歯数は前52枚、後ろ11~32枚と坂道から高速走行までワイドに対応できる感じになってます。
というか奥についてる透明のプラ板みたいなのはナンダ?
チェーン脱落防止装置?にしちゃああまりにも質感が安っぽいけど。






012.jpg

なぜかグリップシフト(笑)
コンパクトさを追求した結果なのか・・・、後でここはトリガーシフトに改造したいと思います。

んでまぁ早速60キロほど乗り回して来たんですが・・・。
ロードバイクとは使用目的とかスピードは比較にならないと思うので、ある程度かぶりそうなクロスバイク(Bianchi Camaleonte2)との比較です
両方ともペダルはシマノ PD-A530のビンディングペダルを使用

どっちもエントリーモデルで、ギアやら重量やら大差ないので、比較しやすかったんですが

1.巡航速度

クロスバイクだと巡航速度(無理せず何時間でも漕ぎ続けられる速度)は
自分の脚力だと 向かい風18~23km、無風24~28km、追い風28~34kmぐらい

対してミニベロだとクロスバイクより2~4kmは落ちる感じがしました。
これがフライホイール効果ってやつのせいか、38ミリの溝付き極太タイヤのせいなのか?
速度維持が少々つらい感じ
まだ走りこんでないので慣れてない部分もあるんでしょうが、クロスバイク以上に走れるって感じはしませんでした。
ここら辺はもう少し走りこんで、タイヤも細くしてからまた書きます。

2.加速性能

一般的にはミニベロの方が加速は早いって言われてるようですが、あまり感じませんでした。
どっちにしろ停車する前にインナーに落としたり、ローギアにしますから、普通程度の脚力がある人なら大してメリットって程では無いです。

3.安定性

これはかなり感じた、ミニベロはフラフラします。
特に立ち漕ぎすると危なっかしい。
でも家に帰る頃には慣れてきたのか、立ちこぎしてもそんなにフラつかないようになってきたので、慣れの問題もあるのかも。
だが、クロスバイクのどっしり感と比べるとやはりフラ付くのは確か。


4.ボトルの安定性

これが一番ダメダメ、走ってて最もストレスに感じた。
構造上トップチューブにボトルケージを挿すんですが、角度が水平に近いのでこれがまぁ振動でボトルがスッポ抜けること

スッポ抜けないようにする為にはホルダーとボトルを選ばないとダメそう、ちなみに自分が使ってたのは、ミノウラAB-100 と CAMELBAKのチルボトルです。
この組み合わせで走ってたら下りや振動でポンポン抜けて萎えた。

と、総合的に見ると、見た目が気に入ったとか、折りたためる、シート高やハンドル高の調節が容易な為、
家族や友人間で共有できるといったメリットはありますが、そういった狙いが無い限りはクロスバイクの方がいいかもしれない。

タイヤがぶっといので、そのせいで速度が乗らないのかもしれません、28cの溝無しタイヤと38cの溝付きだとどう考えても前者の方が早いでしょうし。

色々否定しちゃったけど、実は気に入ってます。
前傾も緩いし、まったり走れます。
やっぱ見た目がカッコイイしね、これからどうにかして不満点は改善していきたいと思います。


  1. 2013/08/25(日) 22:25:43|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

T6にお着替え

wow001.jpg

暇だったんでハンターのT6装備を取りにサンウェルとかブラックテンプルにシコシコ通った。
さすがにレベル90にもなれば、かつてのエンドコンテンツといえども敵ではなかった、全部ソロ可能。
装備の見た目を上書きできるシステムはいいですね、自分の好きな格好ができる。





  1. 2013/03/30(土) 18:48:29|
  2. WoW
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビンディングシューズを試す

004.jpg

ついでにビンディングペダルを導入してみました、買ったのはシマノ PDA-600
重量は286gらしい、普通のペダルと比べるとかなり小さく、金具で盛り上がっているので普通の靴ではまともに踏めないと思う
専用の金具(クリート)でバチンと挟み込んでシッカリ固定するというモノだが、金具が接触する為に塗装がメチャハゲるw
何だかいっちょ前に使い込んでる感が出ちゃってますが、これはまだ使い始めて1週間も経ってませんw。







005.jpg

普通の靴には当然金具がついてないので、専用のシューズを買う必要がある。
こちらはサーファスのポディウムという靴、SPDペダルとSPD-SLペダルの両方に対応したシューズ。
他のシューズと比べて値段が安め(8000~9000円)なのでいい感じ。
軽量化の為なのか、黒い所はメッシュになっていて通気性が良いのでスニーカーと違い全然ムレません。
逆に冬は足の指が冷えてシャレになりません。







006.jpg

靴底は硬いプラスチック製で、こんな風に6角レンチを使ってクリートを穴にとめていく。
止める位置は微調整が可能で、自分の最も力の入れやすい位置がイイそうな。
でも初心者にはそんなの分からねぇぜ!。







007.jpg

横から見ると、こんな感じに出っ張ってるんですが、この状態だと無茶苦茶歩きづらいです。
歩きづらさは 兼用シューズにSPDクリート>SPD-SLクリート>SPD専用シューズ だと思います。
同じく歩きづらいとは言え、SPD-SLは一応3点で体重を支えて歩けるんですが、これだと2点になり、
横にもグラつくので正直10m歩くのもめんどくさくなるレベルです。






008.jpg

こんなんじゃとても歩き回れないと思い、クリートアダプターなるものを購入。
これを付ければ歩行がだいぶ楽になるらしい・・・が、穴の位置が合わず、結局くっ付かなかったww。
シマノの靴じゃないと駄目なのかもしれない、それとも自分がヘタなのか。

と、まぁ色々とSPD専用シューズと比べて困った所が多い兼用シューズですが、一番のメリットは
いずれSPD-SLペダルを買うって時に使いまわせるって点だろう、SLとして使う分には全く問題は無さそう。






テーマ:自転車 - ジャンル:車・バイク

  1. 2013/03/24(日) 00:38:33|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリ

WoW (6)
未分類 (1)
自転車 (5)

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。